PHPを使ってデータベース接続やセキュリティ対策をしたお問い合わせフォームを作ってみました

プログラミング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回の記事をおすすめしたい人

今回の記事をおすすめしたい方はこのような人です。

・簡単なお問い合わせフォームを作ってみたい方

・簡単なプログラミングを終えて実際に何か作りたい方

・お問い合わせフォームの作成や修正などで案件を取りたい方

こちらに当てはまる人には特に呼んでほしい内容となっています。

それではまずは作成物について紹介していこうと思います。

目標作成物

まずはお問い合わせフォームの最初のページについてです。

色々な個人情報を打ち込む欄を設定してあります。

メールアドレスやホームページなどは正しい形式でないとうまくいかないようになっています。

形式を間違えるとこのように注意文が出ます。

また全ての項目を埋めないと次のページに遷移できないようにしました。

このように空欄のまま確認のボタンを押すとこのようなエラーが表示されます。

二番目のページではこのように入力した個人情報の確認となります。

戻るボタンを押せば一番目のページに遷移し送信するボタンを押せば送信完了と表示します。

こんな感じで送信が完了されます。

スポンサーリンク

またデータベースMAMPのPHPMyAdminを用いてデータベース接続も行いました。

送信が完了しました。と表示された後データベースを確認すると入力した情報がデータベースに格納できているのが分かります。

それでは次回からHTML編とPHP編に分けて少し簡略化したお問い合わせフォームを紹介していこうと思います。

PHPについてどんなプログラミング言語であるか紹介してある、過去の記事もあるのでそちらも合わせてどうぞ。

おすすめの勉強法

最後にPHPのおすすめの勉強法の紹介です。

個人的には書籍でプログラミングを勉強するとパソコンと本を机で広げるとやりづらくて仕方がないのでオンラインプラットフォームを用いてやるのがいいかと思います。

プログラミングを本当に触ったことがない人→Progate

プログラミングを少し触ったことがある人→ドットインストール

プログラミングで実際に稼げるスキルを身につけたい人→Udemy

を使うのがいいかと思います。

Progateとドットインストールはどちらも月額980円となっており、基礎の基礎は無料で学ぶことができます。

Udemyはコース買い切り制となっており月に何度かくるセール中にコースを購入するのがおすすめです。

私は全て段階的に全て使ったことがありますが、プログラミングに自信がある人は最初からUdemyを使っても大丈夫だと思います。

PHPのおすすめのコースですがこの二つのコースがおすすめです。

PHPのフレームワークであるLaravelを使いたいか使いたくないかで決めるのが良いと思います。

値段高!って思った人もいるかと思いますが月に何度かあるセールを待ってから買えば2000円程度で購入できます。

買い切り制ですし、よくないと判断したらキャンセルして全額お金を返してもらうこともできるのですごく助かっています。

オンライン学習プラットフォームに関しては過去に詳しい記事を出しているのでそちらもよかったらどうそ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました