【高年収必見】iDeCoとは?メリット・デメリットとおすすめ運用商品を紹介

お金の教養
スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回の記事をお勧めする人

こんにちは、ゆうきです。

今回はiDeCoについての記事です。

・iDeCoについて知りたい人

・積立Nisaをやっていて、さらに資産運用を行いたい人

・収入が多く税金をたくさん納めている人

これらのどれかに当てはまった方は今回の記事を読んでみることをお勧めします。

iDeCoとは?

i

iDeCoとは「公的年金だけでは足りない分の年金を自分で運用して用意する」という国が用意したシステムです。

その分税金を安くしますよという特典が付けられています。

具体的には月々5000円から積み立てていき60歳以降になったら受け取れますよという制度です。

iDeCoの特徴は積立Nisaと同じように節税効果があるということです。

これは後ほど具体的に説明します。

また職業によって掛金の限度額が異なります。

自営業者→月額68000円

公務員・私立学校教職員→月額12000円

専業主婦→月額23000円

会社員(企業年金等に加入していて企業型各店拠出年金のみ加入している)→月額20000円

会社員(企業年金等に加入していて上記以外の企業年金等に加入している)→月額12000円

会社員(企業年金等に加入していない)→月額23000円

となっています。

まずはiDeCoのメリットについて解説していきます。

iDeCoのメリット

iDeCoのメリットは大きく分けて三つあります。

運用収益に税金がかからない

元本×税率だけ所得控除

商品が厳選されていて優良ファンドが多い

一つ一つ解説していきます。

運用収益に税金がかからない

例えば20年間運用して800万円の元本が1000万円の収益を生み出したとします。

その1000万円の収益は通常は20%ほどの税金がかけられます。

しかしiDeCoでは税金がかかりません。

つまり20%差し引かれた800万円ではなく1000万円そのまま受け取ることができるのです。

元本×税率だけ所得控除

こちらも先程の例と同様に800万円の元本があったとします。

すると800万円×(所得税+住民税)分だけ所得控除になります。

つまり所得税+住民税が20%であれば160万円の所得控除を行うことができます。

商品が厳選されていて優良ファンドが多い

iDeCoの投資可能商品は多くても35本程度です。

これらは全て厳選されたファンドですので初心者の方が迷いにくいシステムとなっています。

iDeCoのデメリット

次にiDeCoのデメリットです。

60~65歳になるまで引き落とすことができない

元本割れのリスクがある

手数料がかかる

60歳〜65歳で受け取る時に税金がかかる

こちらも一つ一つ解説していきます。

60~65歳になるまで引き落とすことができない

iDeCoの受給ができる年齢は加入期間によって変わります。

0~2年→65歳

2~4年→64歳

4~6年→63歳

6~8年→62歳

8~10年→61歳

10年以上→60歳

となっています。

元本割れのリスクがある

もちろん預金などとは違いリターンを得られる分損をしてしまうリスクもあります。

これは他の投資信託などの投資商品と同じリスクとなっています。

手数料がかかる

iDeCoを運用するには金融機関に数千円の手数料を払わなければいけません。

よって手数料が低い金融機関を選ぶことをお勧めします。

お勧めは大手のSBI証券です。

60歳〜65歳で受け取る時に税金がかかる

iDeCoで運用してきた資産を受給する時には税金がかかります。

この税金をいかに抑えることができるかが大切です。

・公的年金等控除

・退職所得控除

を賢く使って税金を抑えることが大切です。

次にiDeCoに向いている人についてです。

iDeCoに向いている人

・資金に余裕がある人

・収入が多く多額の税金を納めている

・利益の実感がなくても忍耐強く待つことができる

・収入が安定している人

特に収入が多く資金に余裕がある人に対してはiDeCoを使ってみるのをおすすめします。

私がおすすめするのは

積立Nisaが限度額まで運用できるようになって余剰資金ができたらiDeCoでの運用を開始する

というやり方です。

最後におすすめの運用商品についてです。

iDeCoおすすめ運用商品

ずばりお勧めは

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) (SBI証券)

です。

この商品一つでアメリカのほとんどの優良企業に投資することができます。

もちろん元本割れをする可能性もありますが15~20年長期運用を行なった場合、リスクが最も少ない投資商品の一つと言ってもいいと思います。

もちろんこれは過去のデータから最も良いと思われるファンドの一つですので未来はどうなるかはわかりません。

しかし世界は歴史から見てもゆっくりではありますが着実に成長しているのでこれからも成長していくと考えることができると思います。

ぜひ上記のファンドに投資するのをお勧めします。

まとめ

それではまとめです。

iDeCoは積立Nisaを行なってなお余剰資金がある人に対してeMAXIS Slim 米国株式を買うのがおすすめ

デメリットも多いがそれ以上に税負担を軽減したりリターンが見込める良い制度だと思います。

手続きは面倒ですがやってみる価値はあると思います。

ぜひチャレンジして良い資産運用を行なっていきましょう。

お金の教養
スポンサーリンク
ゆうきをフォローする
autotech

コメント

タイトルとURLをコピーしました