【理系】卒論・修論を提出・発表するまでのスケジュールを公開

研究
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!シミュレーション技法研究室に所属しているゆうき(@engieerblog_Yu)です。

今回は私の研究室で共有されている、卒論・修論の提出・発表のスケジュールを紹介していきたいと思います。

提出日・発表日については、大学や学部によって誤差があると思いますので、逆算するのが良いかと思います。

提出日について

提出日は以下です。

<2月6日:修論提出>

<2月13日:卒論提出>

発表日

発表日は以下です。

<2月13・14日:修論公聴会>

<2月20日:卒論発表会>

スケジュール

私の研究室での目安のスケジュールは、以下のようになっています。

1月6日(金)完成度 卒論:40% 修論:60%

1月13日(金)完成度 卒論:50% 修論:70%

1月20日(金)完成度 卒論:60% 修論:80%

1月27日(金)完成度 卒論:80% 修論:100%

1月30日週 完成度 卒論:100% 修論:最終チェック

2月6日週 卒論:最終チェック

大体、以下のような目安で進めるのが良いと思います。

完成度40%→最終チェックの1ヶ月前

完成度50%→最終チェックの3週間前

完成度60%→最終チェックの2週間前

完成度80%→最終チェックの1週間前

完成度100%→最終チェックの1週間前

最終チェック→発表の2週間前

理系だと、実験結果に不備があってやり直しになる可能性もあるため、かなりゆとりがあるスケジュールだと思います。

まとめ

今回のまとめです。

1月6日(金)完成度 卒論:40% 修論:60%

1月13日(金)完成度 卒論:50% 修論:70%

1月20日(金)完成度 卒論:60% 修論:80%

1月27日(金)完成度 卒論:80% 修論:100%

1月30日週 完成度 卒論:100% 修論:最終チェック

<2月6日:修論提出>

2月6日週 卒論:最終チェック 修論:発表練習

<2月13日:卒論提出>

<2月13・14日:修論公聴会>

2月13日週 卒論:発表練習

<2月20日:卒論発表会>

目安となるスケジュールが以下です。

完成度40%→最終チェックの1ヶ月前

完成度50%→最終チェックの3週間前

完成度60%→最終チェックの2週間前

完成度80%→最終チェックの1週間前

完成度100%→最終チェックの1週間前

最終チェック→発表の2週間前

提出・発表練習→発表の1週間前

提出できないと卒業できないというプレッシャーがあるかと思いますが、頑張ったのに卒業できないといった事例は少ないようです。

留年する人は、学校に来ていなかったり、全く実験を行なっていなかったり、何かしらの理由があるそうです。

ただし直前に追い込まなくても良いように、ゆとりを持ったスケジュールで進めるにこしたことはないですよね。

ゆうき
ゆうき

最後まで読んでいただきありがとうございました。

研究生活に関連する記事

研究
スポンサーリンク
ゆうきをフォローする
autotech

コメント

タイトルとURLをコピーしました