【Webライティング】読みやすく分かりやすい文章を作る5つのコツ

ブログ運営
スポンサーリンク

ゆうき
ゆうき

こんにちは。ゆーきです。

ゆうき
ゆうき

今回は僕がわかりやすく読みやすい文章作りに気を付けていることをまとめました。

ゆうき
ゆうき

自分の書いている文章が読みにくいと思う方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

改行をこまめに入れて文が長くならないようにする

文章の間に改行を入れるとグッと読みやすくなります

同時にあまり文章を「、」を使いすぎず長くしないことが大切です。

目安は40字を超えないくらいです。

目次や箇条書きを取り入れる

目次や箇条書きを取り入れることで情報が整理されて読みやすく頭に入ってきやすくなります

見出しが多い時はこまめに写真を貼っていくのもおすすめです。

ゆうき
ゆうき

見栄えも大事ですよ〜。

難しい言葉や漢字、カタカナ語を使いすぎない

読む人のレベルに合わせて文章のレベルを変えることが大切です。

読めない漢字など意味がわからないことばっかりだと読み疲れてしまいます。

基本的には全ての人が理解できるレベルでいいと思います。

吹き出しを使って感情表現をとり入れる

ゆうき
ゆうき

そういえば昨日の水曜日のダウンタウンみた?。

ゆき
ゆき

みたみた!松本さんのツッコミが的確で思わず吹き出しちゃった!

このように吹き出しを使って会話形式にすることで読み手はすごく読みやすくなると思います。

また読み手の気持ちを考えて感情を取り入れていくことも大切だと思います。

自分の意見を伝えるときは結論を最初に伝える

僕は〜〜理由で〜だと思ってて〜これもいいなと思ったんだけど〜

など前置きが長くなるほど読む気が失せます

結論→根拠→具体例

の順番が良いです。

ゆうき
ゆうき

ではまとめです。

まとめ
・改行を入れる
・目次や箇条書きを取り入れる
・難しい単語を使わない
・吹き出しを使う
・結論を先に言う
ゆうき
ゆうき

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ゆうき
ゆうき

こちらの記事も合わせてどうぞ。

ブログ運営
スポンサーリンク
ゆうきをフォローする
autotech

コメント

タイトルとURLをコピーしました