【PythonでWebサーバーを立ち上げる方法】socket serverについて【コピペ可能】

プログラミング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

今回は簡易的なWebサーバーを立ち上げる方法について紹介していこうと思います。

今回の内容はコピペするだけでWebサーバーを立ち上げることができて、非常に簡単なわりにためになる内容だと思います。

Pythonの案件をこなしたい方やPythonを扱えるようになりたい方はみておいて損はない内容となっています。

Pythonについて

Pythonとは人工知能、機械学習、ディープラーニング、データ解析などに特化しており、2020年プログラミング言語人気ランキング1位になっているプログラミング言語です。

Pythonについて詳しく知りたい方はこちらのウェブサイトをどうぞ。

全体のコード

コードはこれだけです。

このコードは基本的なsocketserverの使い方なのでこういうものだと覚えておいてください。

import http.server
import socketserver

with socketserver.TCPServer(('127.0.0.1',8000),
                             http.server.SimpleHTTPRequestHandler) as httpd:
    httpd.serve_forever()

socket server.TCPServerというものを使ってあげましょう。

IPアドレスはご自身のものを打ち込んであげてくださいね。

上記のコードをターミナルで実行してブラウザでIPアドレスとポート番号を打ち込んであげます。

私の場合はPycharmなのでPycharm上にあるPythonファイルがDirectory listing forの後に表示されます。

参考までに私のPycharmの画面を載せておきますね。

私の場合はlesson.pyファイルとmain.pyファイルが存在していたのでこの二つでしたが、ご自身が作成したファイルがDirectory listing forの後に表示されることになると思います。

これでwebサーバーを立ち上げることができました。

今回の内容は短いですが以上となります。

Pythonの勉強方法【おまけ】

Pythonの基礎文法を勉強するにはUdemyというオンラインプログラミング学習プラットフォームがおすすめです。

具体的に言うとこちらの講座です。

この講座だけで基礎文法だけでなく実践的な応用スキルまで身につけることができます。

めちゃくちゃわかりやすい講座なので気になる方は是非みてみてください。

私が受けたPythonの講座の中では最も良かったですし、この講座だけで案件を獲得できるようになるレベルまでプログラミングを上達させることができると思います。

実際多くの人がWeb上で高評価をしていてUdemyのPython講座といえばこの講座と言われているほどです。

今回紹介したsocketserverの対応型シェルからwebサーバーを立ち上げる方法なども追加で分かりやすく説明してくれています。

気になる方はこちらのリンクからどうぞ。

Udemy

その他の記事

おわりに

今回はsocket serverを用いてwebブラウザを立ち上げる方法について紹介しました。

コピペするだけで簡単にwebブラウザを立ち上げることができると思います。

Pythonの基礎を学び終えた方や案件を獲得したい方は勉強しておきたい内容です。

興味がある方はUdemyのコースを受けてみるのも良いかと思います。

Udemy

コメント

タイトルとURLをコピーしました